Eee Slate B121 を買ったという、たった一つの自慢

21 10月

割と高性能なスレートPC

2011年10月18日発売予定だった 「Eee Slate B121」 をビックカメラで購入しました。

これは、同年3月ごろに発売された 「Eee Slate EP121」 のビジネス用モデルとして位置づけられている、

Windows7搭載の割と高性能なタブレットPCです。

Ep121は10万円を切る実売価格に、人気が殺到。瞬く間に市場から姿を消した伝説のスレートPCです。

後継機のB121は付属の青歯キーボードをなくし、代わりにwindows7をProfessionalにして、

お値段底上げのなんと13万円となんだかさびしいことになってます。

それでも、Core i5を積んだWindowsタブレットPCとして価値の高いデヴァイスだとお思います。

デフォルトのドライバでは液晶タブレットとしては使えない

ペン入力を使ってお絵かきができます。

ArtRage3がハンドルされているので、筆圧感知を利用したアナログ風のお絵かきが楽しめます。

それ以外のソフトだと、筆圧感知がうまく働きません。

追加でペンタブレットのドライバをインストールする必要があるみたいです。

一日中使いまわせない程度のバッテリー

実働時間はまだわかりませんが、連続で3時間くらいが限度かも。

電源スイッチをスライドすることでスタンバイ状態にすると割と電池を消費せずにいてくれます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。